いちばん初めにインストールしたプラグイン

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するツールのこと。

WordPressの利用者は、自分の目的にあったプラグインを選んでインストールすることで、WordPressを使いやすくカスタマイズすることができます。

今日はそんなWordPressのプラグインについて書いてみようと思います。

 

プラグインの導入方法

まずはじめにプラグインの導入方法から。

WordPressにプラグインを導入するには、「プラグインを自分でダウンロードして手動でWordPressに配置する方法」と、「WordPressの管理画面から導入したいプラグインを検索して自動インストールする方法」の2つがあります。

プラグインを自作した場合は前者の方法で導入することになりますが、今回は後者の方法を説明したいと思います。

 

ダッシュボード(WordPressの管理画面)にアクセスし、左サイドバーの「プラグイン」メニューから「新規追加」をクリックします。

プラグインの新規追加

プラグインの検索画面が表示されるので、インストールしたいWordPressプラグインを検索します。

目的のプラグインをみつけたら「今すぐインストール」をクリック。

プラグインを検索してインストール

プラグインのインストールが開始されるので、完了するまで少しだけ待ちます。

インストールが終わったら、「プラグインを有効化」というリンクをクリック。

プラグインの有効化

プラグイン一覧画面で、対象のプラグインがインストールされていることを確認します。

プラグインの有効化完了

以上でプラグインのインストールは完了です。

プラグインによっては設定が必要なものもあります。
プラグインの設定画面には、ダッシュボードの左サイドバーの「設定」メーニューから行くことができます(プラグインによっては別のメニューに設定画面が追加されることがあります)。

プラグインの設定

 

いちばん初めにインストールしたプラグイン

以下では当サイト(AGITO Labs)にインストールしているプラグインを紹介します。

WP Multibyte Patch

日本語版のWordPressにはじめからインストールされているプラグインです(手動で有効化する必要あり)。

英語圏で開発されたWordPressの、日本語の取り扱いについての様々な不備を裏でリカバリーしてくれます。

Akismet

スパムコメント防止の機能を持つプラグインです。WordPressにプリインストールされている定番のプラグイン。

利用にはアカウント登録(無料)をしてAPIキーを取得する必要がありますが、サイトにコメント欄を設ける場合は必須のプラグインとなります。

Google XML Sitemaps

検索エンジン向けのサイトマップを生成し、記事を更新したタイミングで自動通知するためプラグインです。
検索エンジンにサイトのコンテンツを認識してもらいたいときは必須。

Custom CSS/JS

適用しているテーマのファイルをいじることなく、独自のスタイルシートやJavascriptの記述をサイトに追加できるプラグインです。

このプラグインをインストールすることにより、適用中のテーマのスタイリングの変更を行うことができたり、Google Analytics のトラッキングコードをヘッダーに埋め込むことができたりなどが可能となります。

 

以上、他にもインストールしておくと便利なプラグインは様々ありますが、とりあえず必要最小限と思うものだけをピックアップしてみました。