Simple Journal – header.php の作りこみ

先日追加したテンプレートファイル header.php を編集していきます。

 

以下のようになっている header.php に・・・・

 

次のようなテンプレートタグや関数を挿入していきます。

 

この変更後の header.php に登場するテンプレートタグは以下。

language_attributes

htmlタグに言語属性を表示します。

bloginfo

指定したパラメータに応じたサイトの情報を表示します。

(パラメータの例)

  • “charset” -> ページのエンコーディングを表示。常に「UTF-8」となります。
  • “name” -> サイトのタイトルを表示。
  • “stylesheet_url” -> style.css の URL を表示。

home_url

サイトのホームURLを表示します。

body_class

bodyタグにページに応じたclass要素を表示します。
例えばトップページの場合、「home blog」といったclassの値が表示されます。

 

以下は、ちょっと特殊な用途の「関数」と呼ばれているコード。

wp_head

‘wp_head’ というアクションフックをスタートさせるための関数です。 通常、</head> タグの直前に記述します。

この関数をテンプレートファイルに記述しておくと、
</head>タグが出力される直前のタイミングで実行するよう事前登録された(「フックされた」といいます)関数を実行することができます。

例えばWordPressプラグインの中には、この’wp_head’アクションにフックして動くものが多々ありますので、自作のテーマを作る際には必ず記述しておいたほうがいいでしょう。

header.php の編集後、サイトを表示すると以下のようになります。

Edit Header Template

見た目的には、サイトのタイトルが変わっただけですが、出力されたヘッダー部分のHTMLのコードを確認すると以下のようになります。

 

なお、上記のコードの中で <!– start of wp_head –> と <!– end of wp_head –> の間に挟まっている部分が、 ‘wp_head’アクションフックにより自動的に出力されたコードとなります(結構いろいろ、勝手に出力されます)。